積み木の家

注文住宅と建売住宅の違い|土地選びや工務店選びについて

地震から住居を守る

住宅

近年、日本国内では大規模な地震が連続して発生しました。その時、多くの住宅が被害に合い、倒壊したのです。倒壊した住宅の多くには、そこに住む人々が苦労して建てた一戸建て住宅も含まれています。そういった自然災害で合っても、自身が苦労して建てた一戸建て住宅を失うというのは、心苦しいものでしょう。大規模な地震が発生した時に、自身の住む家を守るためには耐震基準を満たした設計が大切になります。多くの人の中には、これから新築一戸建てを購入しようと検討している人がいるでしょう。注文住宅の新築一戸建てを購入する場合、自身も設計に携わることが可能です。その時、耐震基準に関する知識を有していれば、大規模な地震から自身の家を守ることができるはずです。
一戸建て住宅における耐震基準というのは、大規模な地震が発生する度に改正されてきました。2000年における耐震基準改正では、壁の配置と金物強化といった基準が義務付けられるようになったのです。壁の配置と金物強化というのは、地盤の強度に合った基礎作りを行い、補助金属や壁量を計算した上でより強固な構造を実現することを目的しています。また、それらの耐震基準は一戸建て住宅を建てるに当たって義務とされています。一戸建て住宅を耐震基準の満たしたものにする際には、耐震構造と制震構造、免震構造の三つの構造を選択することが可能です。耐震構造というのは、自身が発生した際に建物の倒壊を防ぐことを目的とした構造です。制震構造については、制震装置と呼ばれるものを組み込むことで自身によって発生する振動エネルギー自体を吸収することを目的としています。免震構造も制震構造と同じようなもので、振動エネルギーを吸収することで揺れを伝えない構造のことを指します。